プロペシアを使うなら医師に相談して副作用のリスクを抑えよう

笑顔の男性

薄毛治療の薬を知る

櫛と鏡を持つ男性

性欲が減少する事がある

男性の薄毛治療として効果の高いプロペシアですが、継続して利用する事で副作用が出る事があるため、事前に薬の特徴を知っておく事が大切です。プロペシアの副作用としては性欲が減少するケースがあり、薬を摂取した人の、2%程度に性欲の減少する症状が現れます。性欲の減少は疲労や体調によって左右されるため、プロペシアを摂取した事が原因ではない事も多いです。そのためプロペシアを利用している場合は、副作用として本当に性欲が減少したのか、慎重に見極める事が大事です。副作用として性欲が減少した場合は、一時的に使用する事を停止して様子を見る事が好ましいです。プロペシアを摂取した事による性欲の減少は、使用を停止する事によって元に戻るため安心です。

クリニックの相談が便利

プロペシアを摂取する事で女性ホルモンの分泌が多くなるため、副作用として胸が大きくなる場合があります。そのためプロペシアを摂取している時には、胸の大きさに注意して症状が現れた場合は、すぐに使用を停止する事が重要です。プロペシアで副作用が現れた場合は、薄毛治療を行っているクリニックを利用する事で、相談に乗ってくれます。薄毛治療を行っているクリニックでは、プロペシアを処方する事が多いため、副作用が出た時の対処法が確立されています。そのため薬を使用していて副作用が現れた場合には、クリニックを利用して対処法を教えてもらう事が有意義です。クリニックによっては無料で相談を行っているので、そういったクリニックを利用する事で、気軽に副作用の対処をする事ができます。