白衣は機能性が高いメディカルウェアの一つ

白衣を着用する意味とは~患者へ安心感を与える為に~

白衣は機能性が高いメディカルウェアの一つ

白衣

白衣の必要性

白衣は医師の象徴であり、医師であることを示すために着用しているという一面も確かにありますが、機能的な意味でも白衣は役立っています。白衣を着ることで、中に着ているスクラブや術衣を汚さないように守れるので、手術前にわざわざ新しい術衣に着替えなくても、白衣を脱ぐだけで手術の準備が出来ます。ユニフォームを守るという意味で、白衣は必要です。

患者が好むメディカルウェアとはどういった物なのか

患者は病院という非日常的で不安になる環境の中で、安心感を求めます。安心感の源は、清潔だから感染の心配をしなくても良いという意識と、温もりを感じて落ち着くという意識からなります。その二つを与えるためにメディカルウェアは、白衣による清潔さアピールと暖色系ユニフォームによる温もりアピールを両方行うと効果的です。

現場によっても違う!どの服装を選ぶべきか把握する

患者の診察では、清潔さによる安心感がより求められます。そのため診察では白衣を着ているべきです。それに対して回診は、入院患者の心のケアも目的に含まれていて、入院患者は温もりによる安心感を求めています。つまり白衣を着用せず、スクラブ姿で回診を行った方が患者の安心に繋がります。また手術時は、患者に安心感を与える必要は無いので、血液がよく見える緑の術衣が適しています。

選ぶときのポイント比較【ケーシーとスクラブ】

手術のためのケーシー

ケーシーを着用するのは主に外科医や歯科医です。医師がケーシーを着用するのは、ケーシーが白衣やスクラブより動きやすい作りをしていて、手術の時に便利だからです。そのためケーシーを選ぶ時は、試着して動きやすさを確認した方が良いです。

何度でも強く洗いたいスクラブ

スクラブを着る場面では、患者の突然の吐血や重傷の怪我人の搬送など、血が服に付着する場面が多いです。血は強く洗わなければ落ちないので、スクラブには強く洗っても大丈夫な耐久性と汚れの落ちやすい繊維構造が大切です。

広告募集中