プロペシアを使うなら医師に相談して副作用のリスクを抑えよう

笑顔の男性

偶然が生んだ発毛治療薬

頭を抱える男性

厚生労働省が認める治療薬

フィナステリドという成分をご存知でしょうか。アメリカで開発されたフィナステリドは、前立腺肥大治療薬として開発されました。しかし、このフィナステリドには、1つの副作用がありました。それは男性型脱毛症の方がフィナステリドを服用すると、発毛効果がある副作用です。男性型脱毛症に悩む方にとって非常に嬉しい副作用が発見されたことにより、発毛治療薬が開発されました。その発毛治療薬こそが、プロペシアです。アメリカでは1997年に、日本では2005年に販売が開始しされたプロペシアは、今や世界60ヶ国で販売されている発毛治療薬です。日本の臨床試験でも非常に高い発毛効果が認められており、厚生労働省が唯一認める発毛治療薬です。

脱毛因子を抑制できる

フィナステリドが男性型脱毛症に効果があるのは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素を抑制するためです。この5αリダクターゼは、脱毛因子を分泌する酵素です。5αリダクターゼは生え際から頭頂部にかけての頭皮に存在しており、そのため男性型脱毛症は生え際や頭頂部が薄くなってしまうのです。フィナステリドが配合されたプロペシアは、誰もが服用できるわけではありません。未成年の服用は禁止されているほか、女性が服用すると副作用の心配があります。また、成人男性でも、肝機能障害の方は服用する前に医師に相談することが重要です。プロペシアは、医師に処方してもらうことで服用可能です。処方してもらう際に、心配な方は副作用の有無を相談するようにしましょう。