医療用帽子は抗がん剤の副作用に悩む人に欠かせないアイテム

抗がん剤患者の心強い味方~医療用帽子の必要性~

医療用帽子は抗がん剤の副作用に悩む人に欠かせないアイテム

女性

医療用帽子が必要とされるわけ

医療用帽子とは、頭髪を失ってしまった人が被る為の帽子です。これが必要とされるのは、抗がん剤使用者などが外出しても奇異の目で見られないようにするためです。医療用帽子は額の上部から後頭部までをしっかりと覆えるし、種類によってはカツラのように髪の毛がついています。これであたかも髪の毛が生えているように見せるのも医療用帽子の効果の一つです。

役割を知る

医療用帽子が使用されるのは、見た目を良くするためだけではありません。髪の毛の本来の役割は頭皮を守ることであり、抗がん剤や白血病で髪の毛を失ってしまうと頭皮に直接日光やチリが当たることになります。医療用帽子は、頭皮への刺激で皮膚がんや敏感肌になるのを防ぐという役割も担っていて、完全に髪の毛の代わりをしてくれるアイテムです。

初めて医療用帽子を使う方注目!こだわるべきポイント

医療用帽子は普通の帽子と違い、日常生活で常に身につけるものなので、見た目にこだわるべきです。特に髪の毛がついている医療用帽子は、抗がん剤の使用を止めるまでの数年間の髪型を決定するので、長さや色などを徹底的に比較し、最も気に入った帽子を選びましょう。又は既製品を選ぶのではなく、オーダーメイドにするという選択肢もあります。

インナーキャップの重要性

インナーキャップとは、医療用帽子やウィッグの下にかぶる帽子です。これは地肌を保護する用途があり、地肌をウィッグや医療用帽子の髪の毛による刺激から守ります。またウィッグを付ける際は、自肌の色が透けて見えてしまうのを防ぐことができ、より見た目が良くなります。外からは見えないようになっているので、被る時は縫い目を表にし、地肌に当たらないようにして被ります。

室内用と就寝用何が違うのか目的別比較

見た目に気を使う室内用

室内で被る医療用帽子は、健常時と変わらない生活を送るために被ります。そのため髪の毛がついていて、見た目の良い帽子が適しています。逆にフィット感はあまり求められず、むしろ頭を締め付けない緩いタイプが多いです。

寝ている間も脱げないように

それに対して就寝用の医療用帽子は、フィット感が最も重視されます。寝る時の医療用帽子の用途は、頭が寒いという違和感を無くすためなので、寝返りを打っても脱げない事が不可欠です。髪の毛は寝ている時にはむしろ邪魔なので、付いていない帽子を用意しましょう。

広告募集中