医療現場で活躍している衣服とは~白衣とスクラブの機能~

医療に携わる人のためのユニフォームとは

テレビに出てくるメディカルウェアは、大抵白衣なので、医療現場では白衣がユニフォームであるという認識が強いですが、実際は違います。白衣の下にはスクラブという服を着ている事が多く、外部への救援にはまた違った服装で行きます。つまり医師のユニフォームは一つではありません。

医療現場のメディカルウェア一例

王道の白衣は清潔感を醸し出す

やはり医師といえば白衣姿です。医師が白衣を着る理由は、患者に安心感を与えるためです。白は清潔感を与える色であり、白衣に見を包むと患者も、清潔な相手になら身を任せられるという意識が持てます。また病院は白基調なので、その風景に調和する服装が望ましいため、白衣は愛用されています。

スクラブは白衣より着ている時間が長い

医師は白衣の下に何を着てもいいわけではなく、ほとんどの病院ではスクラブをユニフォームとして採用しています。スクラブは頑丈で強く洗ってもダメージを受けにくいという特徴があることから採用されています。医師は白衣を脱ぐことはあってもスクラブは勤務中脱ぎません。

救急救命士はひと目でわかる

要請を受けて外に救命に行く救急救命士は、濃い青の頑丈なユニフォームと白いヘルメットを身につけています。これは危険な場所に救命に行かなければならない可能性を考え、現場の中で救命医をすぐに判別できるようにと考えられたユニフォームです。

手術の時はより清潔な服装を

手術をする時は術衣というユニフォームを着ます。これは血液の色である赤がよく見えるように、補色である緑の服です。清潔に保たなければならないため、手術時にしか着なかったり白衣を上から羽織るといった対策を行うので、医師の術衣姿を見る機会はほとんどありません。

医療と介護現場によって選ばれる衣装の違い

清潔と頑丈が求められる医療現場のユニフォーム

医療現場は病気を治療する場所であるため、清潔であることが第一に求められます。そのため衣装は基本白衣、そして中に着る術衣やスクラブも一色でシンプルです。また血液など落ちにくい汚れが着いた時に遠慮なく洗えるよう、頑丈さも求められます。

介護現場では家庭的な雰囲気が利用者に安心をもたらす

医療現場で清潔さが安心感を与えるのに対し、介護現場で安心感を与えるのは家のような温もりです。そのため衣装は落ち着いた色調でありながら、少しおしゃれな普段着のようなものが好まれます。例えば暖色系のエプロンを取り入れると、家庭感を演出できます。

[PR]医療用帽子は通販で!
新作商品盛りだくさん♪

[PR]白衣やスクラブの通販サイト
優良商品を数多く販売中!

[PR]白衣の種類豊富!
コスパもデザインも◎

白衣やスクラブを着用する理由について考える

女性

コスパやブランド品などファッションとして見る医療ウェア

スクラブは単色である分、着用者は飽きやすく長期入院して毎日同じ服装を見ている患者も冷たさを感じることがあります。それを防ぐためには、スクラブをファッションと見なすことがポイントです。コスパの良い服を着るのではなく、医師ごとに好みの色のスクラブを着ることも医師と患者の精神環境を整えるためには大切です。

医療従事者だけじゃない患者のための医療帽子

医療用帽子とは、抗がん剤の副作用や白血病などで髪の毛が抜けてしまった患者用の帽子です。医療用帽子にはカツラが取り付けてあり、それを着用することで本当に髪の毛が生えているように見えます。すると症状に気を病んでいる患者の精神環境を改善し、外出も出来るようになるのでとても役立ちます。つまり精神環境の改善には、医師のファッションだけでなく患者の見た目からもアプローチ出来ます。

多彩なカラーバリエーション!色によるイメージの違い

スクラブの基本色である青は、男性的や冷静といった言葉がイメージされる色です。青いスクラブが定着しているのは、見ることで医師も患者も冷静になれるという利点があるからです。それに対して女性が好むピンクのスクラブは、女性らしさや温かさをイメージさせます。この色は患者に落ち着きを与えるので、ファッション面でも機能面でも有効です。

重視するべきメディカルウェアのポイント

メディカルウェアは、色調によって清潔感による安心感と温もりによる安心感を両方与えることが望ましいです。そして実際に清潔さを保つために、白衣で服をカバーすることと、汚れが取れるまでしっかり洗える材質も重視すべきです。

広告募集中