プロペシアを使うなら医師に相談して副作用のリスクを抑えよう

笑顔の男の人
頭を抱える男性

偶然が生んだ発毛治療薬

前立腺肥大治療薬の副作用により、フィナステリドには発毛効果があることが判明しました。その結果開発されたのがプロペシアです。厚生労働省が唯一認める発毛治療薬であるプロペシアは、医師に処方してもらうことで副作用の心配なく服用することができます。

櫛と鏡を持つ男性

薄毛治療の薬を知る

プロペシアを摂取して副作用が現れた場合は、症状を見極めて使用を停止する事が望ましいです。副作用の対処法がわからない場合は、薄毛治療を行っているクリニックに相談する事で、対処方法を知る事ができるためオススメです。

笑顔の男性

飲む育毛剤

もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたプロペシアに発毛効果が見られたために、現在ではAGAに有効だとされる治療薬としてプロペシアが利用されていますが、間違った服用方法、副作用に気を付ければ薄毛改善効果が高く期待できる薬です。

早期治療が何より重要

2人の男性

うぶ毛のような抜け毛

最近抜け毛が増えてきた、抜け毛が短くて細いと感じる方は、男性型脱毛症であるAGAである可能性があります。男性にとって非常に気になるAGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに変換することが原因です。このジヒドロテストステロンは脱毛因子として知られており、髪の毛の発毛サイクルを乱す作用があります。発毛サイクルが乱れることにより、髪の毛はうぶ毛のように短く細い状態で抜け落ちてしまうようになるのです。そのまま放置していると、間違いなく頭頂部や生え際は薄くなります。早期に内服薬のプロペシアを服用し、ジヒドロテストステロンの分泌を抑制することが重要です。なぜプロペシアは、ジヒドロテストステロンの分泌を抑制してくれるのでしょうか。

早期に服用を開始しよう

アメリカの製薬会社が開発したプロペシアには、フィナステリドと呼ばれる成分が配合されています。このフィナステリドは、5αリダクターゼの作用を抑制する効果を持っています。脱毛因子であるジヒドロテストステロンを分泌する5αリダクターゼを抑制することにより、薄毛や抜け毛を根本的に解消することができるのです。ただし、効果があるのは、まだ毛母細胞が活動している頭皮だけです。抜け毛を長期間放置していると、毛母細胞が活動を停止してしまいます。早期にプロペシアを服用することが非常に重要です。プロペシアの副作用を心配する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、医師に処方してもらうことで、副作用の心配をする必要はありません。一般皮膚科や一般内科、AGA専門病院などで処方してもらえるため、副作用を心配せず発毛治療を始めましょう。個人輸入でも入手可能ですが、粗悪品を掴まされる、入金後に連絡が取れなくなる、副作用の有無が分からないなど、多くの問題があります。必ずプロペシアは、医師に処方してもらうようにしましょう。